冬は寒い、温まりたい、そんな時こそ食べたいスパイス2品

学生「あ〜寒い、今日の夕飯は何かな〜鍋それとも‥水餃子とか」
社会人「早く家に帰って今日はオデンでも食べたいな〜」

今が一番寒いときこそ温まるような料理といえば鍋、オデン、水餃子など色々あります。
今日はそんな料理ではなく、「体が温まるスパイス」の紹介をしたいと思います。

【冬だからこそ必用な温まるスパイス】
1つ目は肥大してかたまり状になり、地下茎を食用として食べ、香辛料としても使用する「生姜」です。
言葉はスパイスではジンジャーやはじかみとも言われています。
成分は、辛み、殺菌作用はもちろん、冬には生姜をすりおろして生姜汁としても飲み体を温めたり、風予防にも適ししていると言われれるほどです。

【辛い中華料理にはかかせない食べ物】
生姜には負けないもう一つの食べ物は「ニンニク」です。
この食べ物は、主には球状の白い方を使うことが多く、とくに、パスタ、スープ、、肉料理などの臭み消し、酢漬けなどにする事が多いんですが。
今の時期オススメなのは、球状のほうではなく、緑色をしたニンニクの芽の方なんです。この芽の方をマーボー豆腐などの少しチラシて食べるだけでも夏には食欲がわく、冬は体が少しでもホカホカすると言われるほどです。脱毛ラボ キャンセル