なんとかホタテ貝を出荷出来ないか模索しているそうです

岩手県では貝毒が発生したおかげでホタテ貝をなかなか出荷できない状態が続いているそうです。

それでなんとか少しでも出荷出来るように貝毒が蓄積しやすい中腸腺を取り除いた貝柱から貝毒が検出されなければホタテを出荷出来るように出来ないか模索しているようです。

この件は慎重に検討していると言いますが、本当に慎重に検討して欲しいと思います。

もし見切り発車でホタテを出荷して貝毒の健康被害が発生してしまったら被害にあった人もたまりませんし、何より「貝の管理が出来ていない」なんて言われて貝毒が基準値を下回っていてもホタテが売れなくなってしまうような事態になりかねません。

生活が苦しいのは分かりますが、本当に大丈夫だと自信を持って言えるまではジッと耐えるしかないと思います。

ところで極端に言えば人間は食事や水があれば基本的に生きていけると思うので、こうした人間の食べ物を扱う仕事をする人達や業種というのは非常に重要だと思います。

ですがその一方で農家や漁師などは労働の大変さや重要さと裏腹に、人によるとはいえ給料が安く天候などに左右されやすいのではないでしょうか。

もちろん工業なども必要ではあるんですが、まず人間が生きる上で1番大事な物である食料を扱う仕事の待遇は改善されなくちゃいけないように思います。

待ちに待ったノートパソコンの部品が来ました。

私は、パソコンが大好きです。
仕事も、システムエンジニアと副業で、ハード系のリサイクルショップで
働いています。
私は、パソコン担当なので、たまに気に入ったパソコンがある時は、
私自身が買い取ります。
古いパソコンのみなのですが、そのパソコンのグレードを調べて
そのCPUをオークションで購入し、取り付けています。
今日、やっと待ちに待ったCPUが届きました。
早速、取り付け開始しましたが、このノートパソコンは、ほぼ
分解しないと、CPUが現れませんでした。
何んとか分解し、丁寧にCPUを交換し、組み立てました。
今回のノートパソコンは、組み立てるのも、結構、難しかったです。
電源を入れたのですが、前取り付けていたCPUの名称が出てきていました。
とりあえず、電源とバッテリーを外ししばらくしてから、電源
を入れました。
CPUも無事に認識していましたし、動きも早くなっていました。
私としては、すごく満足しています。
当分は、このノートPCが主役になる予定です。